指導医による夢のようなプチ矯正“アクアシステム”

矯正治療のお悩みをスッキリ解決!それがアクアシステムです 

アクアシステムとは、患者様からよく出るお悩みを解決できるような矯正治療です。透明なフレームを付けて行うマウスピース矯正なので、目立ちにくく、矯正治療中の取り外し可能です。
アクアシステムでは、透明なフレームを被せて少しずつ矯正治療を行っていくため、他の矯正治療に比べて、痛くないのも特徴の一つです。「矯正治療をしているのがわかるのは嫌だし、極力痛くなく、装置を取り外して歯磨きをしたい!」などのお悩みがある方にはピッタリの矯正治療です。

「アクアシステム」で始めるプチ矯正

  • 透明なマウスピースを歯に装着します
  • 目立たない・食事中は外すことができる
  • 歯磨きも簡単
  • ホワイトニング治療も同時にできる
  • 負荷が全体に渡るので違和感が少ない
  • 会話や楽器の演奏もスムーズ
  • コストがあまりかからない
  • 治療期間が短縮できる

アクアシステム7つのメリット

1. 金属を使った目立つ矯正治療をしたくない! 

透明なマウスピースで作成するため、歯列矯正をしていることに気づかれにくいです。 
矯正治療時の見た目を気にされる方には1番オススメです!下記は実際に装着している画像になります。

2. マウスピース矯正なので、取り外しが簡単! 

食事の際も外すことが出来ますので、外食時にも気になりません。ブラケットを使用していると、食事制限(粘着質の強いもの)がかかってしまう可能性があります。アクアシステムなら矯正治療中も好きな食べ物を食べることができるので、今までどおり変わらない食事が楽しめます。

3. 矯正中に虫歯治療ができるので、衛生的にも安心! 

従来の矯正治療だとワイヤーを装着したままの歯磨きにすることになりますが、アクアシステムなら取り外しが可能なので、普段通り歯磨きが出来ます
また、ルーセント歯科・矯正歯科なら、矯正治療中に虫歯の治療を並行して行うことが出来ます。矯正のみの歯科医院だと、矯正治療のみ引き受けて、虫歯治療を他院に依頼する歯科医院もあります。ルーセント歯科・矯正歯科では一般歯科の治療も行っておりますので、矯正治療中・治療後も安心して通院頂けます。

4. 矯正治療+ホワイトニングが可能! 

アクアシステムで矯正治療中にホワイトニングが出来ます!アクアシステムはマウスピース型の矯正装置なので、ホワイトニング薬剤をいれておくだけで、矯正治療と同時にホワイトニングが出来ます。さらに、ルーセント歯科・矯正歯科なら、矯正治療を行って頂いている患者様はホワイトニングを無料で行います。歯並び改善して、輝く白い歯を手に入れることが出来ます。

5. 話すときに不自由が無い! 

従来の矯正装置だと、装置の装着感があり、話しにくいため、発音が変わるケースがありました。お仕事でお客さまと接する機会が多い方には矯正治療が遠のいてしまう原因でした。しかし、アクアシステムでは、マウスピース矯正なので唇と舌や歯の間にはほとんど違和感がありません。よって発音障害が起きにくいのです。

6. 安く矯正治療が出来ます! 

インビザラインなどの見えない矯正は全て歯型を海外に送って作成をしています。
アクアシステムなら全て院内のドクターが担当しますので、インビザラインより治療開始期間が早まり、矯正治療費も抑えられます!

7. 矯正治療の通院時間が減ります! 

アクアシステムなら、定期検査時はアクアフレームの付け替えのみです。しかし、通常の矯正治療ですと、通院間隔であれば4~6週間に1度ですが、アクアシステムなら数ヶ月に1度まで通院回数を減らすことが出来ます。

他の院との違い

当院の理事長伊藤は、熱田区のみやじま歯科の宮島先生から、アクアシステムの治療を学んだスペシャリストであり、アクアシステム指導医です。5000を超える症例と、最新の情報とで、安心して治療を受けていただけます。

プチ矯正とは

アクアシステムだけが治療できることのひとつに、簡単な噛みあわせを治す(不正咬合)治療があります。
いわゆる「乱ぐい歯」と呼ばれる、でこぼこの重なり合う数本だけの歯列(軽度)です。
前歯の一部だけでも歯並びが整うことで、お顔の印象は大きく変わります。
小さな部分をスッキリ治せることがプチと言われる理由です。

アクアシステムの可能性

また、他の装置と併用することで、難しい症例でも治療できます。
裏側矯正と併用することもできます。外側に装置を付ける場合に併用すると、治療期間を短縮できます。
またコルチコトミーの手術を併用すれば、治療期間を従来よりも短縮できるとも言われています。

インビザラインとの違い

目立ちにくいところは似ていますが、国産のアクアシステムと、アメリカで開発されたインビザラインの大きな違いは、矯正中の歯並びに働きかける回数でしょう。
インビザラインの型取りは初回1回。その後アクアシステムの倍以上の 装置交換をします。
一方、アクアシステムは、その度に型を取り、歯列の移動をサポートする方法です。(個人差があります。)

アクアシステム

メリット

  • インビザラインより費用が安くなるケースがあります
  • 治療開始が最短で10日ほどでスタート出来ます
  • 治療中も取り外しが可能です
  • ホワイトニングが同時に行えます
  • 治療時間の短縮が可能です

デメリット

  • 通常の矯正治療より目立ちにくいが、インビザラインよりは目立ってしまいます
  • アクアシステムを扱っている歯科医院が少ないです
  • 新しいフレームを作成する度に歯型を取る必要があります
インビザライン

メリット

  • アクアシステムより目立ちにくい
  • 適応症例が広い
  • マウスピースの厚みが薄い

デメリット

  • 治療開始時期が型どり後から2ヶ月ほどあとになる
  • アクアシステムより費用が高くなるケースがある